東京電力利用者が電力自由化を検討する時の注意点

電力自由化で関東在住でも東京電力にこだわる必要はなくなる

私は関東在住なので、電気は東京電力を利用しています。これから電力自由化になるということを知りました。そこで、これからは東京電力にこだわる必要がなくなります。
今までは選択肢がなかったので、当然のように利用していましたが、今後は自分で自由に選択できるというのがとてもいいと思いました。まず、いろいろと情報収集することが大切です。
メディアでも電力自由化が取り上げられるようになり、情報はどんどん入ってきています。それでも、どこを選択すればいいのか、決断することができません。その理由は選択肢が思っている以上に多くなってしまったからだと思います。

全く関係のないジャンルの企業まで電気事業に参戦し、選択肢が広がり過ぎて戸惑う

電気会社だけではなく、全く関係のないジャンルの企業まで電気事業に参戦するようになったため、選択肢は広がってきています。ここまで広がってしまうと、どれを選んでいいのか、比較するだけでも大変な作業になってしまいます。
また、電力自由化になったことが初めてということもあり、多くの人が戸惑いを隠せません。
私の両親は比較することも、改めて契約をすることも面倒に感じているらしく、情報を収集することさえも抵抗があると言っています。料金が安くなるものがあったとしても、それほど今と変わらないだろうという否定的な見解を持っているようです。

料金やセット割などのサービスを比較すれば、今よりも断然お得な会社を見つけられる

このように感じている人は、たくさん居ると思います。実は私も少し前まではそうでした。ところが、インターネットを活用していろいろと情報収集していくうちに、選択肢が広がっているほど、魅力があると感じるようになったのです。
比較することも情報収集することもたしかに大変な作業なのですが、調べたからこそ、得られるメリットもあります。例えば、東京電力よりも安い電気事業会社を見つけることができた時、とても感動しました。月々で考えるのなら大した安さではなくても、年単位で見ていけば、かなり違ってきます。契約期間を長くすればするほど、お得になっていくことが分かります。
これなら、やはり自分で自由に選択した方がいいのではないかと思うようになってきました。それから、電気事業だけではなく、その他の事業も展開している企業の場合、セットで申し込みをすることでさらにお得な料金になることがあります。例えば、インターネットやガスなどの契約もその会社と契約してしまうのです。そうすれば、セット割というような形になるので、現在よりも断然、お得となります。
もう少しじっくりと調べて比較した上で、両親を説得できるくらいのメリットを感じられるようになったら、契約を変更してみようかと思っているところです。