電力自由化で気になることは停電の時どうすればいいのか

大手の有名企業なら大丈夫?停電したら?契約した会社が倒産したら?

電力自由化となることで、我が家でも家族会議を開くようになりました。今のままでももちろん構いませんが、もし、もっと電気代が安くなるのなら、これは思い切って会社を変えた方が効率的です。まずはどんな会社が電気事業に参入しているのか、その点を調べてみることにしました。
比較的、大手の有名企業ばかりとなっています。聞いたことのある会社なら、たとえ、電気のスペシャリストではなかったとしても、安心感があります。その中でできるだけ電気代が安くなる会社に決めようということになりました。
ここで、あることに気付いたのです。もし、停電してしまったらどうなるのかという点です。その間、別の電気会社から電気を供給することができるのだろうかという疑問が湧いてきました。
すると、今度は家族の一人が、その会社が倒産してしまったら電気の供給がストップしてしまうのだろうかという疑問を投げかけてきたのです。このように、次から次へと疑問や不安が湧き上がってきてしまったので、一旦、我が家での家族会議を中止することにしました。
もう一度、じっくりと電力自由化について調べ直した方がいいと思ったからです。少しでも疑問点や不安点があるようでは、そう簡単に電気会社を乗り換えることはできません。

非常事態はどうなる?情報が明確になっていないなら今の電力会社のままで変えないという選択肢もあり

特に私が気になった点は、やはり停電した時のことです。今までは全国的に統一されていました。伝線が切れたという場合には、同じ地域で一斉に電気が供給されなくなっていたものです。ところが、電力自由化となれば、世帯ごとに選んでいる電気会社は違っています。
一戸建ての場合、特にそうです。我が家は一戸建てということもあり、もし、この地域で我が家だけが別の電気会社を選択したとなると、我が家だけが停電してしまうこともあるかもしれないというわけです。こんなふうに考えてみると、何となく不思議な感覚になりました。我が家だけ電気がついていないというのは、寂しい気がします。
このような非常事態はどうなってしまうのか、その点は明確にしておいた方がいいかもしれません。また、まだこれからのことなので、情報が行き届いていない点もあると思います。もう少し様子を見てから決断しても遅くはないと感じました。
今のままでも満足しているので、このまま不安が大きいようであれば、このまま変えないという選択もありだと思っているところです。資料請求をしたり、ホームページを見たりして、たくさん知識を得てから決断しようと思っています。