電力自由化になっても私は北海道電力から乗り換えないだろう

北海道の冬は暖房費がかさむので、電力自由化で少しでも電気代が安くなるなら乗り換えた方がいいのか

雪国

ニュースで電力自由化が話題になった頃、私は熱心にテレビ見ていました。それは、お得になるのうたい文句がついていたからです。家計を預かる身としては、毎月のことなので少しでも安くなるのであれば乗り換えたほうがいいと思ったからです。
特に私は北海道ですので冬は雪が積もります。ちょうどニュースで見ていた年末頃から屋根が凍ってしまわないように屋根のヒーターの電源を入れるのですがその電源を入れると月の電気代が3000円も上がってしまいます。必要なものなので仕方ないのですが、それでなくても冬は暖房費がかさむので少しでも安くなることを願っています。

しかし、あれから何ヶ月か過ぎましたが我が家は何も行動を起こしていません。このままでいいよねっていう空気が流れています。それは何でか考えてみました。まず、自分たちでいろんな電力会社を探しお得な情報を収集しなければならないこと。正直、何から手をつけたらいいのかわかりません。何をどう調べたらいいのかわからないのです。そうなってくるとわずらわしいと思ってしまうのです。

無駄な暖房費をかけないために、一階だけ暖めて家族みんながそこで過ごす

特に今の状態に不満があるわけではないのでそのままでいいと思ってしまうのです。私の家は一軒家で三人暮らしなのですが、冬の電気代が嵩むとはいえよそのご家庭に金額を言うと驚かれるほど安いようなのです。何でかわからないのですが、無駄な暖房費をかけないからではないでしょうか。二階もありますが、一階だけ暖まればいいという感じなのです。家族みんな一階で自然と過ごすようになるからです。冬は人肌が恋しいですからね。

今お世話になっている北海道電力よりももしかしたらほかのところに変えたらもっと安くなるのかもしれませんが、今でもよそよりも十分安く生活ができていますので、そのままでもいいのかと思います。それに、北海道に住んでいますから北海道電力さんにお支払いをしていくのがやはり一番いいような気がします。

今不満がないのであれば乗り換えはあせらず現状維持でいい

今はまだわかりせんが、もしかしたら北海道電力さんの電力が安くなるかもしれませんよね。それに我が家はかけてみようと思います。冬に電気代が上がる我が家ですが、それでもまだガスも使っていますのでオール電化のご家庭のような緊張感や焦りのようなものはないのかもしれません。と、悠長にしていますが周りで乗り換えの話題が出だしたら焦ってしまうかもしれないともひそかに思っているのです。
電気はなくてはなりません。生活に必要なものだからこそ少しでも安くなればと願うのは当然のことです。だけど、今不満がないのであれば乗り換えなくてはとあせらず現状維持でいいと私は思います。