電力自由化はマンションでも可能なのか

マンションやアパートに住んでいる場合でも、基本的には好きな新電力会社を選ぶ事が出来る

電力自由化により好きな新電力会社を選ぶ事が出来るようになりましたが、マンションやアパートに住んでいる場合でも基本的には選択出来ます。元々使っている電線をそのまま使用するので特別な工事の必要もありません。
新電力会社の利用にはスマートメーターが必要ですが、これは電力会社の物ですし交換も大掛かりでは無いので心配しなくて大丈夫です。今までも古くなったりして交換が必要なメーターは普通に取り替えているので同じように交換するだけです。ですから管理会社や大家に許可を取らないといけない事は無いです。

一括受電契約なら乗り換えはできないが、複数のプランから自分に合ったプランを選んで節約する方法はある

しかし、マンションが一括受電契約なら新電力会社に乗り換えする事は出来ません。大規模分譲マンションでよくあるパターンなので、もし住んでいる建物がその可能性があるなら管理会社や管理組合に問い合わせをしてみてください。
しかし、一括受電契約向けにも複数のプランがある場合があります。電力自由化による選択肢の数には及びませんが、自分に合ったプランを選ぶようにすると節約に繋がります。
もうひとつのパターンが、大家により一括で徴収しているアパートもあります。こちらのケースは多くはありませんが、この場合も新電力会社に変更する事は出来ません。電力自由化になっても自分で新電力会社を選択できないのはもったいないと感じるかもしれませんが、一括受電契約の多くでは、建物の共用部分の電気代が安いです。これにより管理費用も安くなっている可能性があります。

新電気会社などのホームページで、電気料金の見直しや見積もり計算のシミュレーションをしてみよう

自分で選ぶ電気プランと比較してどちらが節約になるかは、電気使用量や建物の大きさや戸数でも差があります。新電力会社を契約してお得になるケースは、個別に低圧契約をしている建物や、インターネットやガスなどの他のサービスとセットで割引になるタイプの物になります。
一括受電契約だと個別契約にするのは難しいので引っ越しをする方法になりますが、どれくらいの違いがあるのかを計算してみないと損得はわかりません。新電気会社などのホームページでは、電気料金の見直しや見積もり計算のシミュレーションが出来る所もあるので計算してみましょう。
低圧契約の建物の共用部分の電力についてですが、個別契約と同じになります。低圧で受電しているので新電力会社に変更する事が可能です。従量伝統と動力で系統が違いますが、まとめて切り替えたりセット割などにするなどの方法もあります。もし管理組合で電気代の節約に興味があるなら、各社の料金プランで検証してみてください。